久しぶりに、心に過ぎ行く由無し事を

更新に間が空きまして、すいません

更新停滞期間の悪夢が、蘇って来たり来なかったり。

夕方、近所のスーパーに行くと、疲れ切った表情をした店員さんが、クリスマス向けの飾り付けをしていたので、切なくなりました。
「そんな顔で、あなたは何を祝っているのだろう」と。もちろん見ての通り、お仕事要素100%で作業をしているのだろうし、この下品な赤地にカリグラフ調の金文字で「Happy! Merry Christmas.」と染められた厚紙が作られる過程で、笑っている人は誰一人いないのだろうけど。

そんな事を思いながら、お気に入りである、あづま食品の「おろしだれ納豆」を買って帰りました。
この日は、意地でも洋風の物は買って帰りたくありませんでした。

性格が拗じくれ曲がった私としては、「矛盾に見える行動」に心惹かれるものがあります。
ぽろぽろと泣きながら、おいしいケーキを食べていたりする人の姿を見ると、色々と考えてしまうのです。
そして、愛おしいのです。
ついでに、そんな漫画をよく描きます。

そんな訳で、身も心も寒くなって参りました。皆様お元気でしょうか

部屋が例年の通り、寒いです。
一人暮らしですので、うっかり朝、一人で冷たくなっていない様に気を付けたいと思います。色んな人に迷惑が掛かりますし。

いざという時の為に、ルーベンスの絵っぽいものを壁に貼っておくと、不幸にも私を発見してしまった方の気持ちが、少し和らぐかもしれません。
上手く行くと、苦笑い程度まで、持って行けるかも!
(ビジュアルイメージ:欽ちゃんの仮装大賞のポイントゲージ)

不動産関係を仕事としていた後輩から聞いたところ

第1発見者になったことがあるそうですが、「出来立て」だったので匂いも無く、特にショックも感想も無かったそうです。そうですか。
ついでにご結婚おめでとうございます。幸せが羨ましいです。

漫画を描いているときの田中

私は漫画を描いていると、思考のキャッチボールが内に内にと行き、自嘲的だったり偽悪的だったりといった斜めな態度が強まります。有り体に言って、普段にも増して困った人になります。

ここまで、勢いでタイプしたものを読み返し、そんな自分の姿に呆れを新たにしております。
次のエントリーはさわやかであることを心掛けたいものです。

あと、COMIC X-EROS様での色紙プレゼントについてのエントリーも上げましたので、ご覧なっていただければ幸いです。
ついでにご応募して、貰っていただければ、更に幸いです。

『中二病でも恋がしたい!』を見て、ある記憶の引き出しが開いた話

ここしばらくは、色ばかり塗っています。
食べて、作業をして、お風呂に入って寝るの繰り返しで、日常にイベントが起こりません。
ここを更新したいと思ってはみても、特に書く事が無い状況でしたスイマセン。
この流れは、育成系のゲームで、淡々と日付を進めて行く感覚に似ています。
そんな訳で、現在の娯楽はskypeで誰かと話すか、食事中に録画してある番組を見るかということになっております。

『中二病でも恋がしたい!』を見ています

初見でまず思ったのが、「これは『中二病』ではなくて、カテゴリーとしては『邪気眼』になるのでは?」という事でした。
少し考えをまとめた今では、このアニメでの「中二病」の定義は、「原義の中二病」「邪気眼」「童貞気質」……等を引っ括めた、「広義の中二病」といった感じなのかなと解釈しています。
そんな訳で、ここしばらく色を塗りながら頭の中では中二病の事を考えていました。

考えている中で、伊集院光氏がラジオ番組中で中二病を定義していた際に、症例の一つとして挙げていた、「何も理解していないのに、唐突に『やっぱりアメリカのやりかたは汚いよね』などと言い出す」という言葉を思い出しました。
そんな、「悪の存在を慧眼で喝破し、正義の陣営に所属している自分を『発見』する」行為は、中二病によくある症例だと思います。

そこで、私の記憶のある引き出しが開きました。

「UTAN」という雑誌がありました

大昔、「UTAN」という、科学雑誌としてスタートをしたものの、明後日方向に発展、廃刊となった雑誌がありました。
最初は、他誌に例えると「Newton」の様な、科学トピックを平易に紹介する雑誌だったのですが、徐々に、青森にあるキリストのお墓(そういや今朝、NHKの朝の番組でナニャドヤラが出ていましたね)やら、日本のピラミッドやら、キルリアン写真といったオカルト記事や、食品添加物の危険性やら地球環境を守ろうといった記事を載せる方向に舵を切り始め、雑誌が無くなる頃には、すっかりエコ系オカルト雑誌となっていました。

同じ学研には、天下の大雑誌「月刊ムー」がある訳ですが、ムーの方は分かり易くプロレスなのに対して、生々しいアジテーションの入った、ウェットなスタンスのUTANには、子供ながらに、危ないだろうこれは、と、どん引きしておりました。
記憶を手繰り思い返すと、良いことをしてるとアピールするエコ系のオカルトやお涙頂戴のTVショーが大変苦手になったのは、UTANにどん引きしたところがスタートかもしれません。
この記憶が確かならば、私の人格形成に多大な影響を与えた雑誌ということになりますね。

地球を抱きしめる女性の絵

当時、その雑誌には、10代の読者の手による、多くの投書やイラストハガキが掲載されていました。イラストハガキでよく見かけるものに、宇宙空間に浮かぶ地球を抱きしめている長髪の女性(たまに羽が生えている。もしくは何か泣いている)の絵がありました。
「意識の高い私は目覚めているのに、どうしてみんなは地球のSOSに気が付かないの!」といった主旨の、危機感溢れる上から目線の投書が目白押しな読者投稿欄は、自分を高い位置に置いて「悪者」を糾弾する正義のカラオケ大会の場となっていました。

今回、あれも中二病の1ジャンルなのではなかったかと、ふと思い出した訳です。
他者の愚鈍を哀れみ、「地球のSOSに気付いた私」を高い位置に置くという構図は、「オレ以外みな愚民」という中二病の王道を行くストロングスタイルだと思うのです。

そんな訳で、あの「地球を悲しそうな女性が抱いている絵」にも、中二病のカテゴリー名が欲しいなあと思う訳です。
リリシズムを前面に押し出したあのジャンルは、アッパーで動的な邪気眼と対になる、ダウナーで静的なカテゴリーだと思います。

ここから更に一歩踏み出す場合、よりダウナーな「前世探し」や、通常変化の「イルカとお話し」の世界に進んで行くのかもしれませんが、それはまた別のお話。

とあるところ向けに色紙を描きました

描いた色紙

こんな色紙です


丁寧に線を選びながら描いていたら、描き上がった頃には手放すのが辛くなってしまっていました。
原稿と違い、手許に残らない絵は切ないです。

雑誌の読者プレゼント用に提供させていただいた色紙ですので、時期が来ましたら、また改めて、このサイトで詳しい告知をさせていただきます
11月28日追記11月26日発売のCOMIC X-EROS(ゼロス)様にて、色紙のプレゼントが行われております | cota

喜んでいただける方に貰っていただけると嬉しいです。
と言いますか、そういう方、ぜひ貰って下さいませ。
そんなわけで、ここまで足を運んで下さっている好事家の皆様、よろしくお願いいたします。

以下日記。

色紙という微妙なサイズ

描き上げた色紙を手放す前に、スキャンしたデータを手許に残そうと思ったのですが、色紙のサイズは私の持っているA4スキャナには乗りません(一般的な色紙の場合、B4サイズ程度の取り込み面が必要になります)。僅かに、はみ出すのです。

ならば万能でお馴染みのセブンイレブンの複合機をスキャナとして使えないのかと考え、複合機を提供している富士ゼロックスのサイトを見ると、よく使う「文書プリント」サービスと違い、「スキャン」サービスは対応メディアがUSBメモリのみに限定されているとのこと。何故に?
そして、私はUSBメモリを持っておりません。

ネットで注文をすると、手に入れるまで1日待つことになるので、最寄りのPCパーツショップでUSBメモリを購入しました。
今までの生活でUSBメモリを使う機会が無く、今後使う予定も無いので、お店でなるべくお安い物を探すと796円也。今やボトムでもUSB3.0対応の容量4GBというスペックなんですね。高い性能だということと、使い途に迷う微妙な容量に「帯に短し襷に長し」感が漂います。

その足で向かったセブンイレブンでUSBメモリを開封し、複合機に差し込むと、フォーマットの必要もなく、無事に認識。
念の為、2回スキャンと保存をした後、色紙はそこで封をして、郵便局から発送をしました。

スキャンはしたものの……

帰宅後スキャンした色紙の画像をチェックしてみたところ、画像補正が強制的に掛けられていました。個人的には、少しばかり残念な画質だという感想。
スキャンならば、補正を掛けていない生のデータをそのまま渡してくれるモードが欲しい気がします。
この「スキャン」サービスは、資料の保存ではなく、軽い記録のつもりで使う物だと感じました。

今回、私の用途とは合致しない結果となりましたが、セブンイレブンの「スキャン」サービスは、手軽にA3サイズまでのスキャンが出来る点で、とても魅力的なサービスだと思います。要は使い様ですね。

しばらく後に発送先の編集さんからお電話をいただき話している最中に、ふと思い付き、「お手間を掛けますけど、時間に余裕があるならスキャンしたデータをいただけませんか」とお願いをしました。
考えれば、編集部にならば立派なA3サイズのスキャナもあるでしょうし、そもそも掲載用に色紙のスキャンをするでしょうし、最初からお願いをすればよかったのでは……。

このままだと、わざわざ購入したUSBメモリが悲しいので、今後データを持ち運ぶ際には、今まで使っていたSDカードやメモリースティックの代わりにこのUSBメモリを使い、必要な買い物だったと自分に言い聞かせる事にします。

日記 2012/10/07

新しいエントリーを投稿していない間にも、少しずつサイトの改修を行っていました。
そんな今日この頃。
中でも、一部に試しで追加してみた「複数のエントリーを並べた画面でのページ数表示」などは、パッと見て気付く変更点ですね。

WordPressを使ったサイト作りを始めてひと月弱が過ぎました

「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」みたいな見出しですね。
上の様な見出し文字(h1,h2の類いです)のスタイルも調整し始めました。これも他の部分と同じく、トライアンドエラーで見た目が変わって行く事でしょう。実際に文中で使っていきながら案配を見ていこうかと思います。

テキストの入力画面
現在は、この様に入力したら……。

hタグが反映された画面
この様に出力される様に弄ってあります。

問題は……

元々私はサイトで見出し文字の要素をほとんど使っていなかったので、入れるタイミングがよく分かりません。
しかし、現状のゴチャっとしたサイトの状態を考えると、読み易さの為になるべく入れるべきかなと、手を付け始めた次第です。

使い易いという条件をクリアした上で、なるべくシンプルな画面にしたいのですが、まだ気持ちが浮かれているのか、中々要素を刈り込めていません。

そうこうしている間に、注釈を加え続けたスタイルシートは肥大し続け、遂に3000行を越えました。
このまま行くとスタイルシートについては最終的に、全ての項目に手を加える事になりそうなので、ちょっとアレな気分です。
現在はまだ、1/3程度にしか手を付けていません。そう考えると先は長いです。

他にも

プラグインを使っての、ツイートや画像や動画の貼り付けも一応クリアしました。
Lightbox系の画像貼付けのプラグインは色々と種類があるので、気が変わったら他のものに変更するかもしれません。

まだまだ弄る部分は残っていますが、どんな見た目に落ち着きそうか、何となく見えてきた気がします。

新しい公式のテーマ

私が手を加えているテーマは「Twenty Eleven」というものなのですが、その「Twenty Eleven」と格闘している間に、新しいテーマ「Twenty Twelve」がリリースされていました。
スタイルシートは1685行と、「Twenty Eleven」の2694行に比べて随分とコンパクトになっています。

今から乗り換えると、ここまでの苦労が水の泡になってしまいますし、今のサイトに愛着も生まれ初めているので、当分の間は「Twenty Eleven」を使い続けるつもりですが、シンプルになっているという点で、「Twenty Twelve」には惹かれます。
あと一ヶ月WordPressを始めるのが遅かったら、「Twenty Twelve」を弄っていたのになあと、ちょっとタラレバに思いを馳せてみたりですよ。

ツイッター用にアイコンを描いてみました

ツイッター用アイコン20121003
描いてみたら気付く事もあるだろうと、まずは描いてみました。
で、ツイッターにアップロードしてみたのですが、投稿に反映され、タイムライン上に小さく表示されると、潰れてしまって、何を描いた絵なのかよくわからない感じに……。

特に右上に描いた青い鳥は、タイムライン上では何かの手違いで付いた汚れの様に見えます _(:3」∠)_
金魚鉢の方は、運用時に潰れるのが分かっていて描いていたので、特にガッカリはないです。
と、いいますか、原寸表示でないと金魚鉢は確認出来ないですね(サムネイル絵をクリックすると、作業時のドットバイドットサイズが見られます)。

こういったザクザクと描く絵は楽しいです。
女の子を描く場合だと、喜んでもらえる形でザクザクと荒いタッチを残すのがなかなか難しいです。大体の場合、ツルツルに塗った肌の方が喜ばれます。

この画像は、ツイッター用のアイコンとしては他にも色々と欠点がありますので、またしばらくしたらリベンジしたいと思います。

感情移入の敷居

最寄りの駅前に大手ドーナツ屋がある。その向かいにはたい焼き屋がある。
ある日、ドーナツ屋に人だかりが出来ているのを見て、私はたい焼き屋に入った。
別にドーナツを買うつもりを人だかりを見て諦めた訳ではなく、もっと言えば、そもそもたいやきを食べたかったのでもなく、「ドーナツ屋に人だかりがあったので、思わず向かいの店でたい焼きを買った」のだ。
純粋にへそが曲がっているが故の行動だった。

と、ラノベ風に書き始めてみたが、本題はそこではない。
へそ曲がりの衝動だけで、久しぶりにたい焼きとご対面し、暫しその形を鑑賞した後、食べようとした時に、一瞬どこから食べようか躊躇したのだ。
その時、1口目の標的にするのは「頭」か「シッポ」か「背びれ」かと考えて、1尾を丸々を食べるのだから、堂々と頭から齧り付こうと決めた。シッポが最後だ。
頭を半分程齧ってから思ったが、これは、小麦粉と餡の塊としてではなく、1尾と認めた上での判断だった。

そんな事を思いながら、もしゃもしゃと躊躇なく腹に納めて行く自分には、もちろんたい焼きが可哀想だとか、たい焼きにシーシェパードが言いそうな権利が備わっているのではないかという考えは微塵も無い。これは小麦粉と餡の塊だ。

シッポを食べ終わる頃に考えたのは、自分も肉の塊だと思えば、胸を張って、私は小麦粉の塊のたい焼きとは違うと言い張るのは難しいのではないかという事だった。
『西遊記』を読んでいると、やたらと殺害の表現で「肉饅頭にした」という、シンプルながら恐ろしい表現が出て来る。
「小麦粉の塊」と「肉の塊」、「たい焼き」と「私」の差は動いている事だ。動いていると手出しに躊躇するし、尊重もする。
ぴちぴちと動いているたい焼きがあったら、感情を動かさずに頭から齧り付くのは不可能だろう。
ふと、腹に収めたたい焼きが、腹の中でも死に切れず、動いているのだと考えてみた。
しばらくたい焼きを脳内で動かしてみたが、大変切なかった。感情移入に成功した。
なにやら、腹に収めたたい焼きが、大切なものに思えてきた。この副作用は面白い。
可愛らしい形だったのも功を奏する手助けになったのかもしない。それにおいしかったし。

たとえ脳内の想像であっても、自発的に「それ」が動いたら、どうしても尊重のランクが上がるのだと、改めて思った。
パッと見た瞬間、上手いなーと思うキャラ絵があるが、頭の中でそのキャラが動いて喋ってくれないと、すぐに脳内での居場所が無くなり、意識から消える。上手い絵だけど動いて喋ってくれないものもあるし、私が言うのも何様かとは思うが、一般に拙いと評価されるような絵でも、頭の中でよく動くものもある。それは意識に残り続ける。

ちゃんと動くキャラを描かないと、描く意味が無いよなと、改めてそう思った。
良いたい焼きだった。

日記 2012/09/29

その筋のヒトをビビらせるダイエットサプリ[togetter]

この注意喚起が本当ならば、中々豪快な話だなと。
自分の知らない分野の話なので、実際のところどのくらいアレな薬品なのか理解出来ていませんが。

フォルスコリンとは。試薬だぞ。確かに生理活性はバリバリあるけど、はっきり言って毒。 その筋のヒトをビビらせるダイエットサプリ – Togetter – http://t.co/nTBkv3sB

@drug_discovery

薬作り職人

なんてリアクションを見ると、ちょいと唸りますね。
試薬と言われるとインパクトがあります。