日記 2012/09/25

コインランドリーにてコインが飲まれたので、そこを運営している隣のクリーニング屋さんにお話ししたところ、店員さんも、じゃあ試しにとコインを入れてみる。すると店員さんの入れたコインも飲まれることに。うーむ。
そこに別の店員さんが来たので、改めて経緯の説明を始めたところ、後から来た店員さんにはこれが上手く伝わらない。

最初からいた店員さんと一緒に、後から来た店員さんに状況を説明するのだが、これが下手なコントの様に伝わらない。
この程度の事を上手く伝えられないことに、説明の途中で怖くなり始め、どんどんと心が遠くに行く私。
無事に洗濯が始まって店員さんが立ち去り、一人きりになった頃には、愛想笑いも引っ込んで、すっかり自己嫌悪に沈んでいました。

そういう時は、洗濯槽で回っている洗濯物を、じっと見てしまいますね。
ええ。回る洗濯物を、漫然と眺める作業がとてもはかどります。

私が絵を描くとき、こういう空気や表情は好きです。
ですが、私が浮かべる分には絵にならないので困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。