日記 2012/09/26

夕刻、ふとモニターの隅に流しっぱなしにしているTwitterの流れに目をやると、なにやらカツカレーの話が頻出。おなかが減る。
カツカレー、ありゃあいけません。
もちろんカロリー的な意味で。カツカレーおいしいもの。
オマケで流れてきた値段云々の話は馬鹿馬鹿しい。人様が腹に収めた昼メシの値段など、他人がとやかく言うものでもなかろうに。おいしく食べたらおめでとう。それでいいのだ。

ところで、最近、自作のカレーにはピーマンを入れます。ピーマンの持つ軽い苦みが、カレーのもったりとした味の部分を引き締め、個人的に良い塩梅です。
深いフライパンで具材を炒めたところに、熱湯を入れてカレールーを入れて一煮立ち、それだけでカレーは完成するので、色々と試すのにいい料理です。

ポトフにカレールーを放り込むといった王道から、野菜炒めを途中から強引にカレーにクラスチェンジしてみるなど、楽しみ方は色々です。
「最終的にはカレーになる」という安心感は鉄板ですね。

書いていて、改めておなかが減りました。