日記 2012/10/07

新しいエントリーを投稿していない間にも、少しずつサイトの改修を行っていました。
そんな今日この頃。
中でも、一部に試しで追加してみた「複数のエントリーを並べた画面でのページ数表示」などは、パッと見て気付く変更点ですね。

WordPressを使ったサイト作りを始めてひと月弱が過ぎました

「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」みたいな見出しですね。
上の様な見出し文字(h1,h2の類いです)のスタイルも調整し始めました。これも他の部分と同じく、トライアンドエラーで見た目が変わって行く事でしょう。実際に文中で使っていきながら案配を見ていこうかと思います。

テキストの入力画面
現在は、この様に入力したら……。

hタグが反映された画面
この様に出力される様に弄ってあります。

問題は……

元々私はサイトで見出し文字の要素をほとんど使っていなかったので、入れるタイミングがよく分かりません。
しかし、現状のゴチャっとしたサイトの状態を考えると、読み易さの為になるべく入れるべきかなと、手を付け始めた次第です。

使い易いという条件をクリアした上で、なるべくシンプルな画面にしたいのですが、まだ気持ちが浮かれているのか、中々要素を刈り込めていません。

そうこうしている間に、注釈を加え続けたスタイルシートは肥大し続け、遂に3000行を越えました。
このまま行くとスタイルシートについては最終的に、全ての項目に手を加える事になりそうなので、ちょっとアレな気分です。
現在はまだ、1/3程度にしか手を付けていません。そう考えると先は長いです。

他にも

プラグインを使っての、ツイートや画像や動画の貼り付けも一応クリアしました。
Lightbox系の画像貼付けのプラグインは色々と種類があるので、気が変わったら他のものに変更するかもしれません。

まだまだ弄る部分は残っていますが、どんな見た目に落ち着きそうか、何となく見えてきた気がします。

新しい公式のテーマ

私が手を加えているテーマは「Twenty Eleven」というものなのですが、その「Twenty Eleven」と格闘している間に、新しいテーマ「Twenty Twelve」がリリースされていました。
スタイルシートは1685行と、「Twenty Eleven」の2694行に比べて随分とコンパクトになっています。

今から乗り換えると、ここまでの苦労が水の泡になってしまいますし、今のサイトに愛着も生まれ初めているので、当分の間は「Twenty Eleven」を使い続けるつもりですが、シンプルになっているという点で、「Twenty Twelve」には惹かれます。
あと一ヶ月WordPressを始めるのが遅かったら、「Twenty Twelve」を弄っていたのになあと、ちょっとタラレバに思いを馳せてみたりですよ。

早速、不具合発生:回復済み

アサイド

22日AM0時57分:不具合を確認しました。今しばらくお待ちください (‘、3_ヽ)_

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

22日AM1時9分:回復しました。

報告:原因は、数時間前にパーマリンクの設定をいじった事でした。

urlの表記が見やすくなるかなと軽い気持ちでいじった結果、どこをクリックしても404の、実質閲覧不可能な状態になっていました。
うーん、パーマリンクの設定をいじっただけでは、データベースを書き変えてはくれないんですね。
ミス自体よりも、確認不足に反省です。

今回はすぐに発見、回復出来る失敗で幸いでした。
しかし、今後、長時間回復出来ない状況に陥る可能性もあります。
何らかのミスでWordPressが反応してくれなくなった時の為に、「現在メンテナンス中」をお知らせするhtmlのページを作っておかないといけませんね。

また、外部にある旧掲示板は、平時に於いての役割は果たしたとしても、不具合に陥った時の為にも引き続き運営しておくべきですね。
あと、システムの管理者を職にしている人は、心臓に毛が生えているのだと思いました。
上流の凡ミスであっけなく全体が落ちるのって怖過ぎます。

残念な事に……

WordPressを使用する際に、データベースのバックアップをマメに外部に取る為のプラグイン、WP-DBManagerが、スタードメインのオマケサーバでは動かないということが分かりました。
スタードメインのサーバが飛ばなかったら出番が無いとは言え、機械は壊れるもの。さて、どうしたものか……。

なお、今入れてみた、プラグインやテーマとかのバックアッププラグイン、WordPress Backup (by BTE)は普通に動いているみたいです。

Twenty Elevenをいじって分かった事

WordPressのテーマ、Twenty Elevenは、とても丁寧に、細部まで作り込まれたテーマだと思います。
しかし、丁寧に作り込まれた構造が、テーマをアレンジして使おうというカスタム初心者にとっては読解の壁になります。
同時に勉強にもなります。でも、最初にカスタムに挑むテーマじゃなかったかもしれませんねー(遠い目)。

表示状況に合わせて、記事タイトルのフォントサイズだけでも5,6種類以上(まだ確認していない投稿書式があるので)あったりします。
前向きに捉えれば、カスタム性が高いですね。自分の考えた構造ではないので、どの記述がどの表示に対応しているのかの確認で日が暮れる勢いですが。

そんな訳で、CSSだけじゃなくPHPも勉強していじってやるぜ! と荒かった鼻息もトーンダウン。
ごめんなさい、甘く見ていました。

懲りずに今後は、平行してNEWSというかっちょいいテーマ(もっと難しそう)をいじってみたいと思いますが、データベースが一個だと、平行して複数のテーマをいじるのは難しいんですね。
うーむ、ダミーのデータベースも要りますか……。
ローカルにテスト環境を作りますかね。

ダッシュボードのクリック出来る場所は大体クリックしてみました

投稿したり、固定ページを作ったり、メニューを作ったり……。
基本的な使い方は概ね把握した!
気がします。

次はstyle.cssファイルを弄って、子テーマ作りですよ。
まず子テーマの仕組みを理解しないといかんですね。

多分、親テーマのCSSファイルを丸ままコピーして、新規作成した子テーマのフォルダに放り込み、それを弄り倒す方法でやったら大事故にはならないでしょう(予想)。

早速デフォルトで入っていて使いやすく見やすいテーマ、Twenty Elevenのcssファイルを読み込んでみたら2694行もあるじゃないですかー、やだー。
これからこれを読んで、人のロジックの理解ですか。

どの記述がどこに対応しているのかは、大体の目星を付けて書き換えてはリロードという原始的な手法で確認。
変化を確かめては、日本語で注釈をペタリ、確かめては、日本語で注釈をペタリ、コードを汚して太らせるお仕事がお待ちです。
ざっと見た感じパラメータは400箇所くらいですかね。

……うーむ。ヘッダーとかフッターとか、見て直ぐに分かるものもありますが、表示のどこからどこまでを担当しているのかよく分からないものもゴロゴロと……。

日記 2012/09/13

さて、何から話したものでしょうか。

結論から言うと、現在このサイトはスタードメインという会社でドメインを習得すると無料で使えるサーバ上にあります。

容量は3GB。PHPとMySQLが使用出来、WordPressのインストールも可能です。
このサイトの様な、小さな個人サイトの運営には十二分の環境です。これが無料というのはうれしいです。
正直、上手い話過ぎて、どこかに落とし穴があるのではないのかと、ちょっと不安を覚えるレベルです。はい。

WordPressが使用可能なレンタルサーバは、安いところでは、ここの系列であるminibird、有名どころのロリポッブが、月額263円、年額にすると3156円の料金で凌ぎを削っています。これに加えて月額500円のさくらインターネットも、今回移転先の候補に入れていました。

ところが、スタードメインでの.comドメインの管理費は、現在キャンペーンとやらで初年度で480円、2年目からは920円となっています。
つまり年間480円、2年目からは年間920円で、独自ドメインを使ってPHPやWordPressを使ったサイトを運営出来るということに……。
CGIや、一部のPHP関数が使用出来ない等の制限は設けられていますが、ここの様な原始的なサイトなら問題無さげです。

とてもありがた過ぎる話なので、もちろんありがたく使わせていただきます。
このまま健やかにNetowl(運営会社)さんが発展し、このサービスが長く続く事を、お祈りする次第です。
遠回しに自分の為に祈っているのですから、品がない事です、はい。

日記 2012/09/12

唐突ですが、サイトを引っ越してみました(注:ここで書かれた引っ越しは、このWordPress環境で作られたサイトにではなく、HTMLタグを手打ちして作った「旧サイト 2012/09/01~09/20」のデータを、新しいサーバに独自ドメインを取って移植したことを指しています。このエントリーは旧サイトより移植されたものです)。

当世風に言えばてへぺろ的な展開です。すいません。
前日の段階では「引っ越しを検討」だったのですが、一夜にしてご覧の有様ですよ奥さん。
もっと手間ヒマが掛かる作業かと思っていたのですが、一夜にして独自ドメインの収得や、借りたサーバに今までのデータの移動。ついでに勉強用のWordPressの初期設定までもが、あれよあれよと終わってしまったのですよ。

FTPのソフトがサーバにまともに繋がってくれなくて、のたうち回っていた時代とは随分と違う展開です。
サーバ側の挙動が親切で、ヘルプも充実していて、素人でも何の問題もないです。すごい便利(遠い目)。

そんな訳で、今もちょこちょこと調整しています。続きは夜にでも書きます。