日記 2012/09/11_2

現在進行中の、サイト弄りですが、プロバイダの契約にオプションで付いている、CGIもPHPも使えないスペースなので、引っ越しを検討しています(注:この時点ではODNのサーバにいました、また、ここで言っているサイト弄りはwordpressで作ったサイトでは無く、HTMLタグを手打ちして作った「旧サイト 2012/09/01~09/20」のことです。このエントリーは旧サイトより移植されたものです)。

真面目に引っ越しを検討する事になった切っ掛けは、このサイトをリニューアルした際、フレーム構造を棄ててしまった為、掲示板の見た目が完全に外部になってしまった事でした。
その為にここ数日、考えていました。

実は今までもFC2やninjatoolsの無料スペースに、サイトを表示するテストとして、トップページのダミーを置いてみたりはしていました。
しかし、機能を追加する度にモリモリと増えて行く広告バナーを眺める以外の特徴を見いだせなかったので、引っ越しを真面目に検討するには至りませんでした。

また、サイト全体の更新についてRSSを出せたり、投稿毎にタグを付けることの出来る環境は便利ですので、どこかのブログを借りる事も検討しましたが、貸し出されているブログは構造を自由に弄ることが難しいですし、予期せぬ広告も入ります。
あとデータを作る以上、気軽にバックアップを取れると安心します。……以前HDDを吹っ飛ばして、いくらか過去の原稿を失っている私が言っても説得力は無いですが。

行うならばこれが初めてのサイトの引っ越しになりますが、今後もサイトの引っ越しがあるかもしれない事を考えると、アドレスの変化が一度で済む、独自ドメインは取っておきたいものです。

そんな訳で、サイトの引っ越しをする際に求める条件をまとめてみますと、

・サイトの構造は借りものでも、データは手許にバックアップ出来る
・サイトの構造は手の届く限り自由に弄りたい
・カウンターや掲示板の様なものの設置(CGIやPHP)を許可してくれる環境
・以上をなるべく低コストで簡単に

そして、どうせ引っ越すのなら、こういったものも欲しいというものをまとめると、

・全体のRSSを簡単に書き出せるサイトの仕組み
・独自ドメインの収得

ついでに、多様なブラウザへの互換性を持ったページのデザインを作るのに、素人技術のHTMLタグ全文手打ちの限界を感じてきました。
サイトのデザインをすること自体は、ワクワクして大変好きなのですが、現在のサイトを今後、ある程度動的な、モダンな構造にして行くには、HTMLやCSSに加え、javascriptやPHPの勉強が必要です。どれもこれもを習得するには、他のやりたい事を脇に置いて、厖大な時間をそこで消費する覚悟が要ります。

数日間検討した結果、この素人ならではな野放図な要求を満たすには、PHPが使えて、いざとなればWordPressも使えるレンタルサーバを借りるのがベストなのではないか、そういう結論に至った訳です。

長くなってきたので、一旦ここまで。
次は、ドメインの収得とレンタルサーバ選びについて書きます。

WordPressでの初めての投稿(テスト)

やってまいりましたWordPress。

よし、まずはサイトの外観テーマを決めよう! と少しテンション高めに思ったものの、どうにも投稿が溜まらないと、そのテーマがどういった風に表示されるのかが分からない。

まずは投稿やカテゴリー、タグ、画像を増やさないといけない。

そういった訳で、「旧サイト 2012/09/01~09/20」から、いくらか過去の日記をこちらに移植してみることに(2012/09/20以前の日付がタイトルとなっているもの記述が、一部辻褄が合わないのはその為です)。